多摩川花火大会の見どころと魅力!地元民の口コミ

多摩川花火大会の見どころとおすすめポイントです。

多摩川花火大会の見どころと魅力

他の場所で開催される花火大会は建物に隠れて見えない場所が多かったり、遠すぎてあまり臨場感を感じられないということが多く花火自体を純粋に楽しむことはなかなかできませんでした。しかし、多摩川花火大会は高層階のビルが邪魔になることなく、視界が開けている場所で実施されるので、純粋に花火を楽しむことができました。何度か行ったことがあるのですが、有料席はおすすめです。1万円?3万円と少々値が張りますが有料席を使用すれば、場所取りのために早くから行かなくても良い上、人混みではなくゆっくり鑑賞することができます。そして屋台の出店量も充実しており、夏のお祭り感をしっかりと味わうことができます。屋台のエリアは規制がかかって入場できなくなることもあるので、行くなら計画的に行動するのが一番だと思います。

楽しかった思い出

はじめての多摩川花火大会、混雑などを考えずに行ってしまったため、思うような場所で見れなかった上、入場規制で屋台のご飯を買うことができませんでした。良い場所を取れなかったものの、花火の迫力に感動した覚えがあります。花火を楽しんだ後、ご飯でも食べて帰ろうかとなったのですが、まず駅までの道が混雑しすぎてなかなか帰れませんでした。お腹すいたねと友人と笑いながら、来年こそはああしよう、こうしようといろんな作戦を練りながら駅までの道を楽しみました。高校生から大学生になったばかりの私たちにとって、人間関係はこれからもっと変わっていき、仲良かった人とも疎遠になることもあります。その中で、高校時代の友人と来年について話し合い、そしてまた来年一緒に花火を見る約束ができたことがとても嬉しく、思い出に残った楽しいエピソードでした。

気を付けるべきポイント

規制がかかり始めてしまうと思うように行動ができなくなってしまうため、水分など必要なものはあらかじめ用意しておくのが無難なように感じます。私は被害に遭っていませんが、スリなどの被害にあった友人もいるそうなので、混んでる場所では荷物は前にするなど工夫が必要になります。